学院紹介

なぜ塾選びが大切か

 例えば学校選びなら、ホームページや広告の合格実績だけを見て選ぶでしょうか?説明会などで実際にその学校に足を運び、さらに複数の学校を比較して、お子様の学力や個性とのマッチング、学校の指導方針や特色を様々に検討して選ぶはずです。
 ところが塾選びとなると、合格実績や知名度といった「保護者の視点」だけで選びがちではないでしょうか。また、その塾に実際に通う「お子様の視点」が抜け落ちていないでしょうか。
 塾選びは、お子様の将来に関わるという意味では、学校選びと同じように大切なことです。その重要性を認識し、保護者の方、お子様双方の視点で、しっかりと検討していただくことが大切なのではないかと、私たちは考えます。

お子様に合った塾の選び方

広告やホームページからの情報だけでは分からないことがある
塾選びの過程で、情報収集はもちろん大切なことです。しかし、その情報源としての広告やホームページを見る際には、注意が必要な場合もあります。例えば「合格実績」を比較する際にも、「正しい見方」があります。
合格実績を比較する際、単純に合格者数だけを見てしまいがちですが、複数の校舎を持つ塾では、各校舎からの合格者数の「合計人数」だけを広告に表示しているケースがほとんどです。校舎ごとの合格者数が分からない場合には、お子様が通うことになる校舎から何名合格しているのかを直接問い合わせるなどして確かめる必要があります。
また、合格実績を評価する際には2つの点、すなわち「合格者数」=実際に何名合格したかという実数と、「合格率」=その学校を何名受験し、そのうち何名が合格したかという割合の両方を確かめる必要があります。どちらか一方の数字だけでは、その塾の実績を正しく評価することができないのです。

体験授業を受けてみる
それでは、正しい塾選びをするためには、どのようにすればよいのでしょうか。その最良の方法が、「無料体験授業」を受けてみることです。
体験授業を受ける際の一つ目のポイントは、お子様自身がその塾の体験授業を受けて「やる気」になっているかどうかという点です。お子様自身が「この塾に行きたい」と思える塾なら、学力アップは半分達成できたようなもの。勉強に前向きな姿勢を得られるかが大切です。
お子様と塾との「相性」も塾選びの重要な基準になります。お子様の性格によって、塾の指導方針に合う場合と合わない場合があります。体験授業を受けておくことは、お子様と塾とのミスマッチを回避するために、とても大切なことなのです。
体験授業のもう一つのポイントは、お子様の学力を客観的に評価してもらうことです。受験に向けての正しい計画づくりは、まず現状を正しく評価するところから始まります。体験授業中の様子や学力診断テストの結果についての分析を聞くことで、今まで気づいていなかった課題やその対処法が明らかになります。そこから、受験に向けてどう取り組んでいくかが見えてきます。

担当の講師に直接疑問をぶつけてみる
保護者の方の不安や焦りは、お子様にもダイレクトに伝わってしまいます。ですから、不安や悩み、疑問に感じたことがあれば、面談の際に塾の担当者ととことん話し合ってください。保護者の方が落ちついてお子様の状況を把握し、堂々と振る舞うことで、お子様も安心して中学受験への第一歩を踏み出すことができるのです。
同時に、こちらからの質問や相談に対して、丁寧に答えてくれる講師かどうかを見極めることも必要です。保護者の方と講師との間の「信頼関係」が、中学受験に挑戦するお子様を支える力になるとも言えるでしょう。
なお、塾を訪問して直接話を聞きたい場合には、まず前もって電話でアポイントを取っておくことをお勧めします。その方が、担当者と確実に話をすることができます。

複数の塾を比較する
お子様自身が塾を選ぶことは難しいですが、A塾とB塾とどちらの塾の方がやる気になれるか、授業が分かりやすかったか、周りの生徒が勉強していたかというふうに比較する形なら判断することができます。その意味で、複数の塾で体験授業を受けてみることが大切なのです。
塾にはそれぞれ指導理念、指導方針、テキストやテストなどの学習システムがあります。複数の塾で体験授業や学習相談を受け、それらを比較することで、それぞれの塾の特徴をより明確に理解することができます。

無料体験授業受付中

フリーダイヤル相談窓口 0120-634-550 受付時間 13:30〜21:30(火〜土)

お問い合わせ

  • 学院特長(四谷学院との提携)
  • なぜ塾選びが大切か?
  • 指導理念
  • コース案内
  • 合格実績
  • 保護者さまの声